Author: addminz | Date: 2015年5月28日 | Please Comment!

バイト店員さんとお客さんで作り上げるメイドカフェ

最近、テレビや雑誌などでも話題になり取り上げられているメイドカフェやメイド喫茶ですが、漫画やアニメの聖地といわれる秋葉原に多くあるイメージがあります。

来店するお客さんはアニメや漫画から飛び出してきたような、メイド服を着たバイトの女の子を目当てに来る人もいれば、単純にカフェとして利用している人もいるそうです。

バイトの店員さんも、可愛いコスチュームを着られるからという理由の人もいれば、アイドルの卵の子や、漫画が大好きでその中に出てくる登場人物になりきりたいからという人など様々です。

サービス内容も、カフェとしてのサービスのみを行うお店から、お客さんと店員さんが会話を通して親しくなれるお店まで幅広くあります。

漫画やアニメを全く知らず興味もない人からすると、知らない世界、理解しがたい場所と感じる場合もあるかもしれませんが、お店とお客さんの意図や志向がうまく合致した時に初めて成り立つ奥深い場所なのかもしれません。

夢の国のお化け屋敷で働くバイトのメイドさん

私は、夢の国といわれる有名なテーマパークにあるお化け屋敷にいるメイドさんが大好きです。

幽霊が出る屋敷のメイドさんというコンセプトの元、深みのあるグリーンの長袖のワンピースのような洋服を着て、案内をしてくれます。

おそらく殆どがバイトの方たちですが、お化け屋敷というテーマに沿うことを徹底しており、笑顔を重要視するテーマパークでも殆ど笑いませんし、声も低音でどこか冷たい雰囲気を漂わせているのです。

メイド姿でバイトする

夏でも衣装は変わらず長袖ですが、どんなに暑い日でも暑そうな様子は一切見せず、汗をかいている様子もなく色白で冷淡な面持ちで立っています。

バイトであるにも関わらず、その場所の世界観を大切にし、お客さんを楽しませてくれるその意識の高さに驚きと感心でいっぱいです。

お化け屋敷といってもただキャーキャーと脅かすだけでなく、品のある佇まいで背筋が凍るような演出をしてくれることに、そのテーマパークの魅力と楽しさを感じます。